骨盤矯正・産後矯正・美容矯正(骨盤ダイエット)・猫背矯正・O脚矯正なら、イトーヨーカドー古河店内の整体院「ワイズヘルスサポート」にお任せください

痛みと冷えの関係

相変わらず寒い日が続いていますが体調の方はいかがですか?
肩や腰と同様、風邪を引かない為にはやっぱり予防が一番重要です。
ストレッチだけではなく手洗いやうがいもしっかりやって寒さに負けない身体作りをしましょう。

・痛みと冷えの関係
前回のニュースレターで『ギックリ腰』について記載させていただきました。みなさん快適に冬をお過ごしでしょうか?
身体に力が入り背中を丸めて歩いていませんか?
冬は腰が痛くなったり関節が痛くなったり・・といろいろな部位に痛みが出やすい季節です。
今回は“身体が冷えるとなぜ身体があちこち痛くなるのか”がテーマです。

まず、ご自分の手、足を触ってみて下さい。ひんやりと冷たくなっていませんか?
この冷えは血液循環が関係しています。
寒くなり身体が冷えると、血管(抹消血管)が収縮して筋肉への血流量が減ります。
栄養補給や老廃物の排泄など新陳代謝が低下することで、自律神経のバランスが乱れ、筋肉が硬直してしまうのです。
特に手先や足先は末端になりますので冷えが起こりやすい部位です。
先程触ったときに冷えを感じた方は筋肉が硬くなっている可能性大!筋肉は酸欠状態です!
また、冷えが強くなると痛覚や触覚なども過敏になります。

みなさん寒い日に指先がじんじんしたり、チクチクするような経験をした事ありませんか。
これは筋肉間を縫うように伸びている痛覚・触覚の神経(末梢神経)が筋肉の緊張により圧迫され起こるもの。
冷えが厳しくなる冬場に腰痛や肩こり、神経痛、関節痛が増えるのは神経が敏感になる事と筋肉が硬くなる事が大きく関係していることがわかりますね。

さて、理由がわかったところで“どうすれば冷えを改善できるの?”
という疑問が出てきます。
寒いところに行くと身体がブルッと震えますが、これは筋肉が激しく収縮している状態で身体を震わせ、筋肉を収縮する時に作られる熱を利用して体温を維持しようとする人間の潜在的な作用です。

つまり、身体を出来るだけ温め筋肉を緊張から解放すればいいのです。

血行不良などが原因で筋肉の温度が低くなると、筋肉の活動に必要な酸素を血液から取り込む量が減少するため、緊張から解放させるためにはストレッチや運動が効果的です。

痛みが出たらするのではなく、出る前に!普段から特に姿勢には気をつけて、身体を冷やすような生活・服装は避けましょうね。
 

【第10号】2009年2月発行『整体の部屋』より抜粋

Copyright © 古河市の整体院「ワイズヘルスサポート」イトーヨーカドー古河店内の整体院 All Rights Reserved.