骨盤矯正・産後矯正・美容矯正(骨盤ダイエット)・猫背矯正・O脚矯正なら、イトーヨーカドー古河店内の整体院「ワイズヘルスサポート」にお任せください

整形外科の選び方

各地区に整形外科はいくつかあると思いますが病院によって考え方というか経営方針が異なっているようです。
通常、問診の時に症状を聞くと思うのですが、問題はこの後です。
簡単ですがなるべくでしたら避けたい整形外科の特徴をご紹介します。・レントゲンに頼りっぱなしの整形外科。
例えば腰痛を訴えて来院した場合、腰のどのあたりが痛いのかはどこの整形外科でも聞くと思います。
その後、実際に身体も触らないで「まずはレントゲンを撮りましょう。」という整形外科は要注意です。
確かに最近はどこの整形外科でもレントゲンを撮るのは常識ですが身体を触らないと筋肉の状態は絶対にわかりません。
それと検査で最も重要な「整形外科検査」というのがあります。
整形外科検査では複数の検査法があるのですが簡単に説明すると整形外科検査をする事によって痛みの原因を調べるのです。
その大事な検査をやらないで「まずはレントゲンを・・」という整形外科は信じられないようですが実際にあります。
理由はなんとなくわかりますがここでは割合します。
ただ、はっきりと言える事はレントゲンでしか検査をしない整形外科は避けるべきです。

過去に腰痛で私が患者さんとして整形外科に行った時の話です。
まずは症状を簡単に説明して先生が私の身体を触る事もなくレントゲンを撮りました。

検査の結果、
先生:「骨には異常ありませんね。」
私の心の叫び:「骨盤が歪んでいるのは自分で触診をして自覚してるのですが・・。」
先生:「筋肉の炎症が凄いですね。」
私の心の叫び:「先生は筋肉も触ってないのに??」
先生:「それではマッサージをしますね。」
私の心の叫び:「炎症が凄いのに??」

もちろん、私はそこの整形外科は二度と行きませんでした。

・薬をたくさん出す整形外科
薬だと自然治癒力が低下し、副作用が起こる可能性があるのでご注意ください。
筋肉の緊張が原因でしたら薬よりもストレッチをしましょう。
整形外科で処方される場合はその前に「薬を飲まないでストレッチじゃダメですか?」と質問すると不機嫌になる先生がいるかもしれませんね。もし、そのような先生でしたら別の整形外科に行かれる事をお勧めします。
本当に患者さんの事を考えているのでしたらストレッチを勧めるか仮にストレッチではなくて薬のほうが適している症状の場合(例えば炎症している場合)でしたら患者さんが納得するように説明してくれるはずではないでしょうか。

当院に来院された方で信じられない事が実際に起きた事があります。
症状は肩と首の痛みで指先まで痺れがある方です。
何度か当院で施術をしても痺れがなかなか取れなかったのでレントゲンを撮るべきと判断して整形外科に行くように勧めました。
その結果、レントゲンの枚数ははっきり覚えていませんが5枚くらい撮ったらしいです。なかには「何でこんなとこも撮ったの?」というのもありました。
もっと驚いたのは薬の数です。これははっきりと覚えています。
なんと、7種類です。副作用も出たそうです。私は医師でも薬剤師でもないのでいい加減の事は言えませんが薬の名称を聞いたので調べてみました。詳細は以下の通りです。

・筋肉(炎症)や痛み、痺れを和らげる薬×4種類
・胃薬×2種類
・ビタミン剤×1種類

私は即、転院をお勧めしました。
別の病院に変えたら薬の量は2種類になり、副作用もありませんでした。
貴方はどちらの病院に行きたいですか?

最後に・・・
誤解しないでほしいのですが整形外科を批判している訳ではありません。
当院でも整体が適さないと判断した場合は整形外科をお勧めします。
整体院もいい加減で金儲けの事しか考えていない所も残念ながらあります。
主役は症状に困っている本人なのですから整形外科や整体院を行く場合は安心して任せられる所を選びましょう。

 

【第11号】2009年3月発行『整体の部屋』より抜粋

Copyright © 古河市の整体院「ワイズヘルスサポート」イトーヨーカドー古河店内の整体院 All Rights Reserved.