骨盤矯正・産後矯正・美容矯正(骨盤ダイエット)・猫背矯正・O脚矯正なら、イトーヨーカドー古河店内の整体院「ワイズヘルスサポート」にお任せください

天気が悪いと、体調が悪くなるのはなぜ?

Q、天気が悪いと、体調が悪くなるのはなぜ?

A、天気が悪くなると体調が悪くなる原因のほとんどは自律神経の状態に起因するものと考えられています。

自律神経の役目のひとつに、外部環境の変化に体を適応させる仕事があり、天気による体調の変化とは、気圧の変化に対応しようとする自律神経がちょうどいい加減をさぐって葛藤している状態ともいえます。

低気圧になるとだるい、眠い、疲れるという症状を感じるのはこのためです。アレルギー症状が強く出る方も多いようです。

「今は活動には適さない。じっとして」という体からの指令なのです。

自律神経に負担がかかっている更年期女性、体が冷え気味のサラリーマンや若い女性、睡眠状態が良くない人はだるさやむくみが多く、喘息や頭痛もちの人は発作に注意が必要です。

しかし言い方をかえれば、自律神経への負担になる暑さ、冷え、睡眠不足を避け、身体のメンテナンスをしっかりとしておけば、かなり軽減できる可能性があるということです。

【第72号】2015年6月発行『整体の部屋』より抜粋

Copyright © 古河市の整体院「ワイズヘルスサポート」イトーヨーカドー古河店内の整体院 All Rights Reserved.