骨盤矯正・産後矯正・美容矯正(骨盤ダイエット)・猫背矯正・O脚矯正なら、イトーヨーカドー古河店内の整体院「ワイズヘルスサポート」にお任せください

秋に食欲がわくのはなぜ?

Q、秋に食欲がわくのはなぜ??

A、夏から秋に変わると気温が低下します。
気温が下がると、体温保持のため体の熱産生が高まり、基礎代謝が上がることは良く知られています。基礎代謝が上がれば、それだけエネルギーを多く使ってしまうため、その分を補給しようとお腹がすいてしまうことが考えられます。

その他にも、日照時間の減少・照度低下によるセロトニン分泌低下が挙げられます。セロトニンは、精神の安定化を保つ作用のある脳内の神経伝達物質で、 食欲の調整にも深く関わっており、日光にあたった時間によって分泌量が調整されることがわかっています。
つまり、日を浴びることが少ない秋には、夏に比べセロトニン分泌量は減少してしまうのです。

日光にあたる以外に、セロトニン分泌量を増やす方法は、糖質、乳製品、肉類の摂取や睡眠をとること。
秋になると食欲が増すのは、たくさん食べたり眠ったりすることでセロトニンを増やし、精神の安定を保とうとするからではないかと言われています。

【第87号】2016年9月発行『整体の部屋』より抜粋

Copyright © 古河市の整体院「ワイズヘルスサポート」イトーヨーカドー古河店内の整体院 All Rights Reserved.