骨盤矯正・産後矯正・美容矯正(骨盤ダイエット)・猫背矯正・O脚矯正なら、イトーヨーカドー古河店内の整体院「ワイズヘルスサポート」にお任せください

食材の旬と身体の関係

スーパーの店頭で「今が旬!」。よく見かけませんか?この旬というのは、食材が一番おいしい時期をいうだけでなく、実は季節ごとの食べ物と、私たちの身体のリズムとのつながりもあらわしています。

【冬】
人も冬は、軽い冬眠状態に入ります。新陳代謝が悪くなり、消化も鈍り、脂肪を身体に蓄えて、それをエネルギー源にしようとします。その為に冬は太りやすく「正月太り」などということがあるのです。そこで、冬は、繊維質を含む食材を食べて消化を促します。また、寒い冬には身体を温める、大根、白菜。不足がちなビタミンCをみかんで補います。

【春】
身体は活動準備に入り、身体の細胞が目覚める為に必要な栄養を求め始めます。アスパラや山菜といった芽のものと呼ばれる春野菜に多く含まれる、アルカロイドという成分です。細胞の新陳代謝をよくする働きがあります。

【夏】
暑さの為に新陳代謝が遅れ、身体のリズムがおかしくなることがあります。
そういう時は、身体を冷やし新陳代謝を促進するトマトや胡瓜などの夏野菜やフルーツ。水分を補給してくれるスイカが健康をサポートしてくれます。

【秋】
夏バテ回復と、寒い冬の備えとなる食材が旬になります。ビタミンが豊富な南瓜や消化を助ける柿や梨、無機質が多いキノコ類がそうです。
つまり旬とは、食材の美味しい時期でもあると同時に、人間の身体にとって必要な栄養素が豊富にある時期であり、本来の私たちの身体が求めている時期なのです。                      
(参考文献)
野菜のソムリエ/からだにおいしい野菜の便利帳/新ビジュアル食品成分表

 
 
【第5号】2008年9月発行『整体の部屋』より抜粋
 

Copyright © 古河市の整体院「ワイズヘルスサポート」イトーヨーカドー古河店内の整体院 All Rights Reserved.