夏のトラブルのひとつに虫刺されがあります。 代表的なのは“蚊”ですね。
全ての蚊は長い口吻を持ちますが、吸血をするのはメスだけ。 蚊は本来15度以上で活動を開始し、26度以上で吸血をします。
温暖化の影響なのか年々蚊の発生時期が早まっています。 不摂生かもしれませんが痒みには耐えられません・・・。
蚊を叩き落とす際は、上からつぶすと唾液が体内へ流れるので指で弾き飛ばすと痒みを抑えることが出来るそうです。

 

【第41号】2011年8月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 寒しじみ

  2. お年玉

  3. 食材の旬と身体の関係

  4. 愛妻の日

  5. 春分の日

  6. 寒い夜には鍋を食べよう!

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。