運動後(スポーツやトレーニング)のケア

スポーツや筋力トレーニングなどの後は、筋肉に普段よりも大きな負荷がかかり(内容により)、硬くなり一時的に膨れ上がった状態になります(パンプアップ)。
運動の内容によってケアの仕方は多少異なりますが、基本的に運動後はクールダウンと言って過度に使われた筋肉を冷ましてあげる時間が必要です。

やり方としては、軽いウォーキングとストレッチ、筋肉がほてり痛みや炎症がある場合は氷水やシャワーなどで15分ほど関節を冷やします。炎症が治まってからは、40℃くらいのお風呂などで温め、湯上りのマッサージやストレッチも効果的です。
(炎症が強い場合、温まりすぎは禁物)

運動後のケアをすることで筋肉の硬直が解け、乳酸などの疲労物質を体外に排出するスピードもあがり、筋肉に栄養分を素早く吸収させ回復させることができます。
当然、体を酷使すると関節にも負担が掛かり、バランスが崩れるので調整が必要になってきます。
当院では、プロ、アマチュアに限らず、数多くのスポーツ選手も来院しております。
運動後のケアでご不明な点がございましたらお気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 冷湿布と温湿布ではどちらが良いのか?

  2. どこに行っても良くならない

  3. 肋間神経痛

  4. 生理痛・生理不順でお悩みの方

  5. 冷え性

  6. 痛みと冷えの関係