寒しじみ

 味噌汁に入れると懐かしい土の香りと濃縮された貝の味。寒さの厳しい季節にいただくと心から温まる感じがします。一口飲む毎に栄養が補給されていくようです。実際にミネラル類を豊富に含んで栄養価も高く、厳寒期と真夏に旬があるという貴重な食材です。

肝臓機能の促進・精神安定・ストレス・貧血・二日酔い・タバコの吸い過ぎ・疲労回復・冷え性など効果は山ほどあります。貝の色が薄いものの方が泥臭さは少ないらしいですよ。

【しじみの炊き込みご飯】

米  水 しじみ 鮭1切れ あさつき
①しじみを水で煮て出しを取り、炊飯器にお米と出しを入れる。
②だしをとったしじみと焼いた鮭(骨取り)を入れ焚く。
③炊き上がったら混ぜてお茶碗に盛りあさつきをちらす。
塩鮭を使うとより美味しいです。お吸い物や味噌汁にとってもよく合う1品です。

 

【第47号】2012年2月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 菜の花

  2. かゆみ

  3. 夏バテ

  4. 梅干し

  5. 紅葉

  6. 恐怖の静電気

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。