秋刀魚

丸まると太った旬の秋刀魚。
脂にはコレステロールを減らし、脳血栓や動脈硬化、心筋梗塞、高血圧などの予防効果の高い、DHAとEPAといった不飽和脂肪酸がたっぷりと含まれています。 皮膚や粘膜を丈夫にするレチノール(ビタミンAの一種)も多く含みます。
最近の研究では、このレチノールにガン予防効果があることもわかっています。
焼き魚の焦げた部分は発ガン物質がありますが、大根に含まれる酵素がその物質を分解してくれます。
シンプルですが、塩焼きにたっぷりの大根おろしを添えるだけでも十分美味しく頂けますよ!

★魚焼きグリルでおいしく焼くワザ
1、強火で5分加熱して魚をグリルの端に置く。
2、焼き時間の目安は表7分、裏5分。
3、焼く直前に塩をふる。
※家庭によってグリルの火力は違いますので焼く時間を調整して下さいね。

【第54号】2012年9月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 秋桜(コスモス)

  2. 足関節捻挫

  3. 冬至

  4. セルライトを減らしたい

  5. 便秘

  6. 霜田のダイエット奮闘日記 ~その③~

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。