0280-31-5667

季節性うつ

皆さんは“夏季うつ”と“冬季うつ”をご存知でしょうか?
夏季にしても冬季にしても“季節性うつ” (別名:季節性情動障害)のポイントは、1年のある決まった季節に精神的に不安定になったり、身体のだるさや疲労、やる気がおきない倦怠感などのうつに似た症状が出始め、その季節を越えると回復する事が特徴です。 そのため実際に精神的に問題を抱えているうつ病とは状況が異なります。

★夏季うつ 5~9月頃に出現します。 症状としては食欲低下や不眠と、夏バテと似ていますが見分け方としては、気持ちの落ち込みがあるかでどうかで判断するようです。

★冬季うつ
10~3月頃に出現して、春先の3月頃になると回復します。 症状としては、食欲増加や過眠です。これは日照時間の影響が原因と考えられています。 秋になり日照時間が短くなると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。 “冬季うつ”の場合、日照時間が関係しているので、 治療としては“高照度光照射療法”が効果的とされています。 人間の体内時計が明るい光を浴びることでリセットされるため、 人工的にコントロールする治療法です。 ご家庭でも太陽の恵みを十分に頂くことで同じ効果が得られるので、 起きたら朝日にご挨拶と恵みの感謝から始めましょう。

【第54号】2012年9月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 整体師が語る「食」と「健康」

  2. 霜田のダイエット奮闘日記 ~最終章~

  3. 身体のバランスを整える

  4. 14人に1人が新型インフルエンザ

  5. 夏バテ防止 緑のスムージー

  1. 2018.10.01

    抗酸化力に強い食材

  2. 2018.10.01

    ある芸能人から久しぶりに電話がありました

  3. 2018.10.01

    秋の七草

  4. 2018.10.01

    不妊治療における代謝について

  5. 2018.10.01

    脳トレ☆頭の体操クイズ!(40)

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。