0280-31-5667

痛みと姿勢の関係

最近、自分で気付いた事があります。
お客様の施術が終わると施術中よりも熱くお客様に語りかける事があるのです。それは・・回数券のセールス

うそです。
当院は回数券のセールスはしておりません。冗談は置いといて!
山崎は何に熱くなっているのでしょうか。
それは“ストレッチと生活習慣のアドバイス”です。
当院をご利用頂いているお客様にもストレッチをやらない方や姿勢の悪い方が大勢います。
逆に言えばそれを改善すれば治癒力が向上し、通院回数も減りますので以下の記事を参考にして下さい。

◇痛みと姿勢の関係
肩凝りや腰痛の原因は何かご存知ですか?
もちろん、原因は様々ですがほとんどの方に共通している事があります。それは、「姿勢」です。
例えばパソコン作業をしていると、肩こり・首痛・頭痛・肩甲骨付近に違和感や痛みを覚える方がいます。いつの間にか頭が前に突き出し、背中が丸くなっていませんか?
長時間同じ姿勢でいると筋肉に負担が掛かり血流不足になります。
このような姿勢が毎日続き蓄積されると頭痛や眼精疲労になり最悪、腕や指先の痺れまで起こります。
当院で施術を受けた後、通院ペースの説明やストレッチ・姿勢についてアドバイスをする事があります。
特に慢性症状の場合は月に1回程度の施術では一時的な改善にしかならないのです。
当院の売上は減るかもしれませんがやはり早く良くなってほしいので効果的な改善法をご案内しますね。

◇効果的な改善法

・初めの数回はきちんと通院する
初めは筋肉の張りや骨格の歪みを調整しても元に戻りやすくなります。繰り返し調整する事により筋肉は柔らかくなり、歪みも正しい位置を覚えます。関節も柔軟になっていくので姿勢もよくなります。

・ストレッチをやる
せっかく施術したのですから次回来院した時はなるべくその状態を維持したいですよね。
もちろん、症状が完全に解消されてもストレッチは毎日の習慣にすると予防にもなります。

・姿勢を改善させる
姿勢が悪いとそれだけ筋肉や骨格に負担が掛かります。少しずつでも正しい姿勢を覚えましょう。

・同じ姿勢を長時間続けない
姿勢が良くても同じ姿勢を長時間続けると筋肉は緊張します。マメに身体を動かし予防しましょう。

ここまでお読み頂ければ姿勢やストレッチがいかに重要かお分かりですね。
今までと同じ生活をして痛みと戦うか生活習慣を見直して健康な身体を手に入れるかはあなた次第です!
1日でも早く痛みやコリから解放される生活を願うのでしたら当院では全力でサポートさせて頂きます。

 

【第8号】2008年12月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 膝の痛みの対策法

  2. 猫背や悪い姿勢をどうにかしたい

  3. 自律神経のトラブル

  4. 首を動かすと痛みや突っ張り感がある

  5. 歪みが気になる

  6. 五十肩で腕が挙がらない

  1. 2018.10.01

    抗酸化力に強い食材

  2. 2018.10.01

    ある芸能人から久しぶりに電話がありました

  3. 2018.10.01

    秋の七草

  4. 2018.10.01

    不妊治療における代謝について

  5. 2018.10.01

    脳トレ☆頭の体操クイズ!(40)

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。