朝、起きた時に腰が痛い

日中、私達の体は姿勢保持筋という筋肉が活発に働いていますが、就寝中は体の動きが少なくなります。そのため、血液循環が滞り、特に疲労している筋肉は硬くなり、起床時に張り・重だるさ・痛みを感じやすくなります。
また、骨盤の歪みも関連していて反り腰(骨盤が前傾の状態)の方が起床時の腰痛になりやすいことが分っています。
仰向けに寝た時に腰が大きく浮いていませんか?
通常、私達は血行悪化による硬化を防ぐために一晩で20~40回程“寝返り”をしています。
人によっては寝返りをほとんどしない方がいますが、そうしますと長時間、同じ姿勢でいますので、筋肉や関節が硬くなり、起床時に腰に痛みが出やすくなります。
さらに、枕や布団との相性が悪いと、寝返りがしづらいだけではなく、身体にも負担が掛かるので、ご自分に合った寝具を選ぶことが大切です。
1日でも早く快適な睡眠・目覚めを手に入れましょう。

関連記事

  1. O脚をどうにかしたい

  2. 身体が緊張していませんか?

  3. 運動不足や姿勢が悪くてあちこちが辛い 

  4. 腰痛と腎臓の関係

  5. 腰を反らすと痛い

  6. 膝の痛みの対策法