肩こり

肩こりの主な原因は、長時間の同じ姿勢や作業により筋肉が硬くなることで循環が悪くなり乳酸などの疲労物質が滞る事によって、更に筋肉が硬くなるので肩こりになるといわれます。
骨、関節を筋肉が支えているので、運動不足などの筋力低下や筋肉の左右のバランスの崩れによって体が歪む事で姿勢が崩れてしまう事でも症状が出てしまいます。
特に女性の場合は男性よりも筋量も少なく筋繊維が細い傾向が強いので、体を支える事への負担が強くかかってしまいます。
その為に姿勢が崩れてしまう傾向が強くなり肩こりが強く出てしまう事が多いのです。
他にも骨盤の歪みが影響している場合や外反母趾や偏平足などが影響して肩こりや腰痛になる場合もありますので、局所的ではなくトータル的にバランスを整える事が大切です。

※急性的な肩の痛みや頭痛がある場合は、他の病気などが影響して症状が出ている事も考えられますので、専門の医療機関を受診してください。

関連記事

  1. ふくらはぎのムクミが辛い

  2. 足のむくみやすい方(静脈瘤)

  3. 首を動かすと痛みや突っ張り感がある

  4. 椅子から立ちあがるときに腰が痛い

  5. 通院して症状は改善されたが今の状態を維持したい

  6. 五十肩で腕が挙がらない

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。