14人に1人が新型インフルエンザ

最近話題の新型インフルエンザ。
厚生労働省によると、11月中旬までに国民の14人に1人が新型インフルエンザに感染し、11月15日までの約4カ月間に医療機関を受診した患者数は、相当すると約898万人にもなるそうです。
入院患者の16人に1人が重症化し、患者が死亡する割合は14万人に1人という調査結果が出ていました。
実際、古河市でも学級閉鎖等があるように、私たちもいつ新型インフルエンザに感染してもおかしくない状況になっています。

肩こりや腰痛も当然ですが病原菌も予防が大切です。
基本的な手洗い・うがいを定期的に行い、必要ならマスク等をして予防しましょう。

【第20号】2009年12月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 美顔ヨガ

  2. 新年会

  3. 大寒

  4. 整体師が語る「食」と「健康」 ~最終回~

  5. 白髪

  6. 鳥肌は何でたつの?

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。