冷湿布と温湿布ではどちらが良いのか?

お客様から「温湿布と冷湿布はどっちを貼ればいいの?」ってよく聞かれます。
答え的には、どちらでも構いません。
基本的には、「急性の痛みには冷やし」「慢性的な痛みには温めた方が良い」とされます。
「冷湿布」「温湿布」ともに、貼った時の心地よさで痛み等の症状を緩和させます。
心地よさが、痛みとゆう感覚よりも速く脳に伝達されるために痛みを抑制し緩和させるそうです。
その為に湿布は貼った時に心地よさを感じる方を貼る事が良いでしょう。

ただし温湿布をする場合、患部が炎症している時は避けてください。悪化します。
それと温湿布は肌に合わない場合がありますのでご注意下さい。

関連記事

  1. 眼精疲労の原因は?

  2. どこに行っても良くならない

  3. セルライトを減らしたい

  4. 通院して症状は改善されたが今の状態を維持したい

  5. 顔のたるみやシワが気になる

  6. 痛みと冷えの関係