0280-31-5667

長時間のデスクワークで眼の疲れ、肩凝りが辛い

まずデスクワークに限らず、長時間の同じ姿勢は体に負担を掛けます。そして首や肩の筋肉が硬くなっている可能性が考えられます。
さらに、長時間の同じ姿勢を繰り返すと、その負担を減らすために身体は姿勢を崩そうとします。
例えば背中が丸くなり、肩甲骨が開き、肩や顔が前に出たまま硬くなり、正常に筋肉の収縮が出来なくなります。これを「硬縮」といいます。
すると身体の循環機能が低下し、細胞に必要な栄養分も行き渡りにくくなるので、眼の疲れや肩凝りといった症状が出やすくなるのです。
改善法としては硬くなった筋肉や関節を緩めて全身を整える必要があります。
他に日常の生活習慣や姿勢等の改善指導を受けることも必要になってきます。

関連記事

  1. O脚をどうにかしたい

  2. 歪みが気になる

  3. 運動不足や姿勢が悪くてあちこちが辛い 

  4. 足がつる

  5. 痛みと姿勢の関係

  6. 立ち仕事や歩きすぎてふくらはぎが痛い

  1. 2018.10.01

    抗酸化力に強い食材

  2. 2018.10.01

    ある芸能人から久しぶりに電話がありました

  3. 2018.10.01

    秋の七草

  4. 2018.10.01

    不妊治療における代謝について

  5. 2018.10.01

    脳トレ☆頭の体操クイズ!(40)

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。