腰痛と腎臓の関係(2)

前号では、「腰痛と腎臓の関係について」と腎臓に負担が掛かってしまうことにより腰痛になってしまうことをご紹介しました。

今回は、「腎臓に負担が掛かってしまう原因について」説明します。腎臓に負担が掛かる主な原因は、「食事」「睡眠」「水分」

<食事>
腎臓は不要な成分を尿として排泄しますが、腎臓に負担をかける主なものは、タンパク質と塩分。老廃物の処理や余分な塩分を尿として排泄する為、腎臓の負担が増えます。

<睡眠>
睡眠不足は腎臓の機能を低下させます。また、身体が冷えてしまうと内臓がしっかり休めないので冷房の効き過ぎには注意です。

<水分>
体内の水分不足や水分のとりすぎは、腎臓の負担になります。

次号では、腎臓に負担を掛けないための対策や改善方法についてご紹介していきます。

【第86号】2016年8月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 腰痛を解消したい<後編>

  2. 水虫

  3. スポーツケア ~ランニング

  4. 不妊整体について

  5. マイコプラズマ肺炎ってなぁに?

  6. 色々な水分補給の話

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。