鱧(はも)

鱧はウナギ目・ハモ科でウナギの仲間ということになります。そんな鱧の旬は年に2回。1回目の鱧の旬は6月から7月にかけてです。産卵前の為、栄養たっぷりでいながらサッパリとしていて淡白な旨味があります。そして2回目の旬は10月から11月にかけての秋の終わり頃。夏の産卵によって痩せてしまった鱧の食欲が戻り脂がのってきます。体表が金色を帯びて「金ハモ」と呼ばれています。

鱧はウナギの仲間ということで栄養も豊富です。脂質は少なくたんぱく質、DHA、EPA、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB群、その他にもミネラルがたっぷり含まれています。

効能としては、疲労回復や免疫力アップ、高血圧予防、骨粗しょう症の予防、老化防止などが挙げられます。

関西ではよく食される鱧ですが、関東ではあまり馴染みがないかもしれませんね。

この旬の時期に召し上がってみてはいかがでしょうか?

【第88号】2016年10月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. ぶどう

  2. 小松菜

  3. 銀杏

  4. 癒しのカカオ

  5. 芽キャベツ

  6. 養命酒で冷え性改善!?

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。