脳脊髄液

院長のつぶやきでも話題になった脳脊髄液についてご紹介したいと思います。
なんとなく聞き覚えがある程度で、脳脊髄液と聞いてピンとくる方はあまり多くないのではないでしょうか?

ここでは、脳脊髄液とは一体何?どんな役割があるのかを説明していきます。
脳脊髄液は、頭蓋骨や背骨の隙間に満たされており、脳と脊髄を循環し保護する液体です。略して髄液と呼ばれることもあります。

両側の側脳室、第3・第4脳室にある脈絡叢で生産され脊柱を通って仙骨まで循環し、上矢状静脈洞という場所で吸収されます。

脳脊髄液の総量は130ml~150ml。1日の産生量は500~700mlで、1日のうちで3~4回入れ替わると言われています。

この脳脊髄液の役割は主に3つ。
1.物理的な保護
2.栄養素の輸送
3.老廃物の排泄

それぞれ説明していきます。

1.物理的な保護

お豆腐のパックをイメージして頂くと分かりやすいのですが、頭蓋骨の内側を脳脊髄液で満たすことで、
脳に対する外からの衝撃を受けないようにしています。

2.栄養素の輸送
脳脊髄液には、脳、脊髄に栄養素を輸送し供給する役割もあります。
ブドウ糖、蛋白質、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ホルモン、神経伝達物質を運搬して
それぞれの背骨から出る神経に栄養を供給します。

3.老廃物の排泄
脳脊髄液は、循環していく中で古い細胞など、いらなくなった物質を回収して排出します。


このように、あまり認知されていない脳脊髄液ですが、身体の状態を維持する為に非常に大きな役割を果たしているのです。

次号では、脳脊髄液の流れが悪くなることでどのような影響があるのか紹介していきます。

【第89号】2016年11月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 寒いとブルブルッとなるのはなぜ?

  2. 秋に食欲がわくのはなぜ?

  3. 人間ドックの日

  4. 過眠・睡眠障害

  5. おいしさとは?

  6. 温度差に注意

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。