0280-31-5667

カリフラワー

カリフラワーの旬は、11月~3月。ブロッコリーが突然変異して生まれたといわれています。ビタミンCが豊富で、レモンにも負けないほどのビタミンCが含まれています。

さらに熱を加えてもビタミンCが壊れにくいのが特徴です。

その他、食物繊維が豊富で便通を良くします。また、ビタミンB1、B2、カルシウム、鉄などが含まれ、がん予防、便秘予防、高血圧、風邪予防、動脈硬化、美肌などの効果が期待できます。

急に気温が下がり始めるこの時期、免疫力を高めてくれる野菜なので風邪予防にはピッタリの食材ですね!

カリフラワーは傷みやすい食材で、あまり日持ちしません。

3日以内に食べきれない場合は、茹でてから冷凍保存しましょう。

【第89号】2016年11月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. バスタイムレッスン④~アロマバス~

  2. 痛みと冷えの関係

  3. 高血圧の方は冬に注意??

  4. 寒くて縮こまっていると・・・?

  5. 寒い夜には鍋を食べよう!

  6. ゲレンデ

  1. 2018.10.01

    抗酸化力に強い食材

  2. 2018.10.01

    ある芸能人から久しぶりに電話がありました

  3. 2018.10.01

    秋の七草

  4. 2018.10.01

    不妊治療における代謝について

  5. 2018.10.01

    脳トレ☆頭の体操クイズ!(40)

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。