肋骨の歪み

今回は肋骨の歪みについてご紹介します。

歪みというと骨盤や背骨の歪みを想像する方が多いかもしれませんが、肋骨も歪むということをご存知ですか?

肋骨は左右12対、合計24本の骨でできていますが、外界からの衝撃から内臓保護の役割の他に胸式呼吸をするときにとても重要な働きをしています。

肋骨が歪むとこれらの機能が低下してしまう為、身体に悪影響を及ぼします。

一見、頑丈な鎧のように見える肋骨ですが、1本1本は細く衝撃に弱い為、骨折しやすい骨としても知られています。

背骨に繋がっている為、背骨の歪みや骨盤の歪みに連動して歪みます。

肋骨が歪んでしまうことでどのような症状が現れるのでしょうか?

背中の痛み、腰痛、肩こり、自律神経の乱れ、内臓の機能低下といった症状の要因になります。その他、呼吸がしづらいと感じる方も多いようです。

肋骨の歪みは骨盤や背骨同様、日常の生活習慣や癖、寝方などにより現れます。

まずは、ご自身の普段の姿勢や生活習慣を見直してみて下さいね。

当院では肋骨の調整も行っておりますので興味がある方はお声掛け下さい!

【第92号】2017年2月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 恥ずかしいと顔が赤くなるのはなぜ?

  2. 耳たぶチェック

  3. 腰痛を解消したい

  4. 寒くて縮こまっていると・・・?

  5. RICE

  6. 高血圧の日

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。