0280-31-5667

牛乳

5月は環境の変化が多い時期になり、ゴールデンウィークを過ぎた頃から環境の変化に対応できず、倦怠感や睡眠障害の他に注意力が散漫になり、悪化すると胃痛・食欲不振・動悸・目眩などの症状が出る場合があります。いわゆる「5月病」です。

5月病対策は入浴や運動等、数多くありますが、食材を一つ挙げるとしたら牛乳がオススメです。
ストレス緩和に良いと言われている栄養成分はカルシウム・ビタミンB1・ビタミンC・タンパク質といわれており、牛乳にはその全てが含まれています。

また、近年の多くの研究から、牛乳には、私たちの免疫系や内分泌系、循環器系などに作用し、病気を予防する重要な機能があることもわかってきています。
免疫力を高めて病気になりにくい体をつくる、病原菌の感染を防ぐ、血圧を改善するなど、牛乳に含まれる栄養素のさまざまな働き(生体調整機能)が注目されています。

※「株式会社明治」ホームページより引用

【第94号】2017年5月発行『整体の部屋』より抜粋

 

関連記事

  1. ルーの法則

  2. RICE

  3. 冷却美容法

  4. チューブトレーニング

  5. トラベル化粧品

  6. 人間が体温調節出来るのはなぜ?

  1. 2018.10.01

    抗酸化力に強い食材

  2. 2018.10.01

    ある芸能人から久しぶりに電話がありました

  3. 2018.10.01

    秋の七草

  4. 2018.10.01

    不妊治療における代謝について

  5. 2018.10.01

    脳トレ☆頭の体操クイズ!(40)

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。