涙の味は感情によって変わる?

Q、涙の味は感情によって変わる?

A、涙の成分は約98%が水分。その他にナトリウム、カリウム、タンパク質といった成分が含まれています。

涙の味を左右するのは、ナトリウム。この量が変わることで涙の味が変化します。人は涙を流すことによって身体と心を守っています。

目の乾燥を防いだり、目にゴミが入った時など目を守る為に反射的に流れる涙と感情が高ぶった時に脳からの信号を受けて流れる涙に分かれます。

この内、感情によって流れる涙は自分を癒やして心を守る為に流れます。
感情には自律神経である交感神経と副交感神経が関係しますが、悔し涙や怒りの涙は、感情が高ぶっているので交感神経が優位になります。この時に体液のナトリウム濃度が上がるので、涙は塩辛い味になります。

感動の涙やうれし涙は、心身ともにリラックスしている状態なので副交感神経が優位になります。この時、体液のナトリウム濃度は上がらないので、涙は薄い味になります。

涙の味によって、ホンモノの涙なのかウソ泣きなのか見破ることが出来るかもしれませんね!

【第95号】2017年6月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. ラジオ体操

  2. 四十肩・五十肩(3)

  3. 妊活における呼吸の重要性について

  4. 無理なダイエットに潜む危険な罠!

  5. 不妊整体について

  6. 水虫

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。