オクラ

オクラといえばネバネバが特徴の緑色の野菜ですね。夏バテや疲労が溜まりやすい夏の季節にピッタリのオクラについてご紹介します。

オクラに含まれるネバネバのぬめりの成分はペクチンという食物繊維とムチンという糖タンパク質です。ペクチンには、整腸作用を促してコレストロールを排出する作用や便秘を防ぐ効果や大腸ガンを予防する効果が期待できると言われています。また、ムチンには、タンパク質を分解する酵素があり、消化吸収のサポートをしてくれます。

さらに、オクラはβカロティンも豊富なので免疫力アップや視力、美肌効果、抗酸化作用で老化防止にも効果的です。その他、オクラに沢山含まれているカリウムは、水分の調整や血圧の調整を行う役割があり、高血圧やむくみが気になる方にオススメです。

また、カルシウムはみなさんご存知の通り骨を生成する上で欠かせない成分であり、イライラ解消の効果もあります。

オクラの調理方法ですが、ペクチンとムチンは、共に水溶性ですので、柔らかければ生のまま刻んで食べるのがお勧めです。

【第97号】2017年8月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 自律神経(不定愁訴)

  2. 旬の野菜で健康に~ピーマン~

  3. 黒豆

  4. 寒ぶり

  5. 癒しのカカオ

  6. 秋刀魚

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。