頭痛

季節の変わり目は、体調を崩す事が多くなり頭痛に悩まされた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。ひと口に頭痛と言っても、すぐに対処しなければならない危険な頭痛から日常的に起こる頭痛まで頭痛の原因・種類は様々です。

自分の頭痛タイプを知ることが予防や対処を行う上で重要になります。今回は、頭痛を大きく二つのタイプに分類します。

頭痛は、基礎疾患の有無によって一次性頭痛、二次性頭痛に分けられます。
一次性頭痛は、明確な疾患が無いのに起こる頭痛です。一次性頭痛が頭痛患者の約9割と言われています。
一方、二次性頭痛は何らかの病気が原因で起きる頭痛の事を指します。二日酔いに伴う頭痛も二次性頭痛に該当しますが、クモ膜下出血のように見逃してしまうと死につながる危険な場合もあります。突然強い頭痛が現れたり、手足の麻痺や痙攣、高熱・嘔吐を伴うこともあります。この場合は、直ちに病院に行きましょう。

次号からは一次性頭痛の頭痛タイプによる分類と対処方、対策についてご紹介します。

※今号から数回に渡り頭痛の種類や原因・対策について紹介していきますが、全てに当てはまるとは限りません、あくまでも目安であり、しっかりとした判断をするには専門医を受診することをお勧めします。

【第99号】2017年10月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 高い所へ行くと耳がツーンとなるのはなぜ?

  2. 冬場のウォーキング

  3. ストレス解消法

  4. 冷湿布と温湿布ではどちらが良いのか?

  5. マイコプラズマ肺炎とは?

  6. 肌が乾燥するとかゆくなるのはなぜ?

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。