頭痛(2)

前号では頭痛のタイプを「一次性頭痛」と「二次性頭痛」に分類して、二次性頭痛には命の危険に関わる頭痛もあることをご紹介しました。
今号からは、一次性頭痛の頭痛タイプによる分類と対処方、対策についてご紹介します。

一次性頭痛は、他の病気を伴わない頭痛で頭痛患者のおよそ9割と言われています。
この一次性頭痛の中でもさらに片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛に分けられます。

今回は、片頭痛について詳しく説明していきます。
片頭痛は、何らかの原因で脳の血管が拡張してしまうことで起きる頭痛で、血管が拡張することで周囲の神経を刺激して炎症が起こります。
血管が拡張してしまう理由としては、十人十色で人によって様々ですが、一般的に言われているのが不規則な生活やストレス、食生活の乱れ、
その他、ニオイや光等が偏頭痛の誘因となります。また、仕事が休みでストレスから解放されて血管が拡張してしまうというケースもあります。

対処法としては、片頭痛は血管が拡張し炎症して痛みが出ているので、温めたりするのは逆効果です。
ズキズキと痛む部位を冷たいタオル等で冷やします。この時になるべく外部からの刺激が少ない静かで暗い場所で休むようにしましょう。
また、コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインは血管を収縮させる作用があるので片頭痛を発症したら飲んでからお休みになるのも良いでしょう。
逆にチョコレートやワインなど血管を拡張する作用のあるポリフェノールを含んだ食品は控えるようにしてください。

【第100号】2017年11月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 日光が骨を救う

  2. 耳かき

  3. ニキビ

  4. 自分で自分をくすぐっても何とも感じないのはなぜ?

  5. アロマでウイルス対策

  6. 冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。