鏡開き

鏡開きは毎年1月11日。関東と関西では日にちが異なります。

松の内と言って門松が飾ってある期間の後に行います。
鏡開きには餅を割って食べるのが昔からの風習で神様との繋がりを強め、神様のパワーを頂けると考えられていました。

鏡開きのマナーとして、神様にお供えしていたものに刃を向けるというのは大変失礼とされていますので包丁で切らずに木槌などで割って食べてくださいね!

【第102号】2018年1月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. カツオ

  2. 食欲の秋

  3. 四葉のクローバーの話

  4. 免疫力アップ

  5. チューブトレーニング

  6. 4月の野菜

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。