頭痛(4)

今号は、頭痛のなかで、もっとも激しく痛むと言われている群発頭痛について紹介します。群発頭痛の特徴は「目がえぐられるような」痛みと表現されるように耐えられないほどの痛みが群発地震のように一定期間集中して起こり1日に1~2回、1回15分~3時間程度続きます。

偏頭痛は女性に多くみられる頭痛と言われていますが、群発頭痛は男性に多くみられる頭痛です。

発症のメカニズムは全てが明らかになってはいませんが、目の後ろを通る血管が拡張し炎症を起こすことが原因と考えられています。発症時に目の充血や涙など痛み以外の症状を伴うのは血管が拡張することで自律神経が刺激されることによる影響です。

群発頭痛は発症時の痛みが非常に強いので、直ちに専門医に相談することをおすすめします。

群発頭痛の予防としては、飲酒や煙草が誘因になると言われていますので、頭痛が頻発する群発期間は出来るだけこれらの要因を取り除くような生活を心がけましょう。

【第102号】2018年1月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. なぜ血液型はA型、B型、C型でないの?

  2. 頭痛(5)

  3. 恥ずかしいと顔が赤くなるのはなぜ?

  4. 自律神経

  5. リラックス法~癒される香り~

  6. アロマでウイルス対策

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。