0280-31-5667

虫さされ

夏は楽しいレジャーが盛り沢山。屋外でのイベントが増える一方で虫さされによる健康に関するトラブルも少なくありません。

虫の種類や刺された人の体質などにより症状のあらわれ方が異なりますが、共通するのは痒みや赤みを伴う腫れです。
そもそも虫さされの多くは、虫の毒成分などに対するアレルギー反応の一つです。
ですから一般的にはアレルギー体質の人は症状が強く出やすいと言われています。

虫さされによる皮膚炎を起こす代表的な虫としては、蚊(カ)、蜂(ハチ)、蚋(ブヨ)、虻(アブ)、毛虫、ムカデ等が挙げられます。

虫さされを完全に防ぐことは難しいですが、最小限に抑えて身を守る対策を行いましょう。

服装は、できるだけ肌の露出を避け、首のまわりにタオル等を巻くと良いですね。
また、薄着になる時は虫よけスプレーを携帯して出掛けましょう。汗で流れてしまうので効果は2~4時間程度です。こまめに塗り直すようにしてください。

しっかり虫さされの対策を行い夏を楽しんでくださいね。

【第108号】2018年7月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 清涼飲料水

  2. 土用の丑の日

  3. 熱中症対策

  4. ゴーヤチャンプルー

  5. ツルサラかかと

  1. 2018.10.01

    抗酸化力に強い食材

  2. 2018.10.01

    ある芸能人から久しぶりに電話がありました

  3. 2018.10.01

    秋の七草

  4. 2018.10.01

    不妊治療における代謝について

  5. 2018.10.01

    脳トレ☆頭の体操クイズ!(40)

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。