妊活における呼吸の重要性について

骨盤は構造的に血液が溜まりやすい作りになっています。

古い血液やリンパ液が溜まって、新しい血液が届きにくくなり、骨盤内の循環を悪くする原因になります。ホルモンは血液によって運ばれてきますので骨盤内に新鮮な血液が入るというのは妊活ではとても大切です。古いものが残っている骨盤は、望ましくないということになります。それ故に血液循環が不妊治療の基礎と言われているのです。

血液循環を改善する方法についてですが、その一つとして『呼吸』の仕方の改善が挙げられます。呼吸は吐く量を増やすことが大事で出すことを中心に考えます。

また、呼吸が浅くなっている人の特徴として息を吸う為の筋肉である呼吸補助筋が緊張しています。この筋肉が緊張していると呼吸が浅くなり息を吐く量が減ってしまいます。呼吸が浅くなることで、お腹の圧力の変化が少なくなりリンパ液や静脈血の循環が悪くなってしまうのです。

皆さんはしっかり呼吸が出来ていますでしょうか?

【第110号】2018年9月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 「そば」ってすごい!!

  2. 冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  3. ストレスは現代病??(1)

  4. 頭痛

  5. なぜ乗り物酔いするの?

  6. 耳たぶチェック

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。