不妊治療における代謝について

不妊治療において、代謝を上げる重要性はなんとなくイメージできると思います。

代謝とは生体内の物質やエネルギーの変換や分解される体内で起こる化学反応のことを指しますが、代謝に異常がある場合、食べたものが上手くエネルギーに変換されず、結果的に卵巣の細胞の質が悪くなることで、妊活にも悪影響を及ぼします。

このことから、妊活の基本として代謝を整えてあげることが必要になります。

また、血液は、酸素や栄養、ホルモンを供給する役割があり老廃物を回収して代謝を促します。

これらは、卵子の発育や着床にとても重要な要素となります。

ですから、血液の循環作用を高めることは非常に重要で、身体の様々なトラブルを改善することで質の良い卵を育てることにつながっていくのです。

関連記事

  1. 不妊と骨盤について

  2. 不妊整体と「神経施術」

  3. 不妊と生理周期について

  4. 不妊整体の目的

  5. 不妊と生理周期について

  6. 不妊整体