冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

いよいよお肌の乾燥する季節がやってきました。
カサカサ肌の原因は冬の空気が乾燥することが原因で起こります。
なぜ空気が乾燥するのかというと、大気中の水分量の違い・シベリアからの季節風・暖房の3つが主になります。さらに季節風の影響により、太平洋側の乾燥が強くなります。
乾燥した空気にはとにかく加湿(水分)が必要一番効果的なのはやっぱり加湿器。
加湿器がない場合は、濡らしたタオルを部屋に下げたり(洗濯物など)水の入ったコップを部屋のあちこちにおいておくなどでも対応できます。
暖房をつけたときは特に加湿が必要です。
スキンケアは顔や身体を全体的に保湿剤のすることでカサカサやかゆみの予防になります。
たっぷりと保湿してこれからの乾燥に備えましょう。

【第112号】2018年11月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. バスタイムレッスン⑤~気分転換

  2. 湯たんぽ

  3. 筋肉痛とは?

  4. 入浴剤の注意点

  5. 過眠・睡眠障害

  6. 出汁(だし)の話

  1. 2018.11.01

    冬の乾燥…カサカサ肌はなぜ起こる?

  2. 2018.11.01

    雪虫

  3. 2018.11.01

    アルツハイマー病に有効な食材

  4. 2018.11.01

    最近のお気に入り

  5. 2018.11.01

    不妊と骨盤について

  1. 2010.09.01

    出産後の身体のケア

  1. 登録されている記事はございません。