更年期障害

日本人女性の閉経の平均は52.1歳といわれ、閉経の前後5年ずつを更年期と呼びます。
そのため、およそ45歳から55歳頃に更年期を迎えられる方が多いと考えられます。

この時期に、検査をおこなっても特に異常がみつからず、のぼせ・ほてり(いわゆるホットフラッシュ)・めまい・頭痛・全身倦怠感・不眠といった身体的な症状、また、気持ちの落ち込み・やる気のなさ・不安・憂鬱といった精神的な症状を呈するものを更年期症状といいます。

さらにこれらの症状がひどくなり、日常生活を脅かすような支障をきたす状態を更年期障害といいます。

そもそも月経は、脳、卵巣、子宮に関連して起こる現象です。女性は産まれたときに、卵巣におよそ40万個の卵子をもっていますが、成長につれてその卵子は徐々に消失し、およそ50歳でほぼなくなります。

更年期を迎えると体内に残っている卵子の数自体が極端に減り、急激にエストラジオール(卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつ)の分泌が低下します。急激なエストラジオールの変化を脳が感知し、反応を起こします。
この急激な変化が更年期症状を引き起こすと考えられています。