五十肩で腕が挙がらない

名前の通り、40~50代の中年以降に多い症状ですが、臨床的には30~100歳までの方に現れる症状です。
肩関節は、滑液包(かつえきほう)や腱板(けんばん)という腱や靭帯(じんたい)に囲まれています。加齢によりこれらの周囲組織が炎症したり、癒着(ゆちゃく)することで固まってしまい、痛みが出ています。
痛みの強さや治癒期間は個人差があり、短期間の方もいれば数年間も症状が続く方もいます。

症状が強い方は少し動かしただけでも衝撃的な痛みがありますが、安静にしていても硬くなります。
まずは痛みのない程度にリハビリする事が大切です。
当院では筋肉や関節の柔軟性を改善させるような施術をして、自己ケアの方法もアドバイスしています。

関連記事

  1. 頭痛(2)

  2. 冷え性

  3. 立ち仕事や歩きすぎてふくらはぎが痛い

  4. 脳脊髄液(2)

  5. 長時間座っていると腰や背中が痛い

  6. 自律神経③