当院からのお知らせ
只今、一時的に営業を停止させて頂いております。
ワイズプリカ、回数券(産後矯正)をご利用のお客様に関しましては、ご返金の準備を進めております。
詳細につきましては、個別にご連絡させていただきますので、もうしばらくお待ち下さい。
皆様には、大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承下さいますようお願い致します。

不妊と生理周期について

28日が理想の生理周期といわれていますが、周期が大きくずれている場合、28日周期に近づけることで妊娠しやすくなるということがあります。

生理周期が長い場合、代表的な理由の一つに「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」が挙げられます。卵巣の血液循環が悪くスムーズに排卵出来ずに渋滞している状態です。

これにより、酸素・ホルモン・栄養素などが不足して卵の育ちが悪くなり生理周期が長くなります。また、生理周期が短い場合、低温期または高温期が短くなっているかで原因は異なりますが、いずれにしても卵巣の機能低下が考えられます。

生理周期が短い場合でも問題なく妊娠することもありますが、周期が短い場合貧血になりやすいので注意が必要です。

生理周期の長短によって必ずしも不妊の原因となるということではありませんが、周期の乱れの原因が血液循環やその他の要因で引き起こされているならば、しっかりと改善していく必要があります。

 

関連記事

  1. 不妊整体と「腸腰筋」

  2. 不妊と生理周期について

  3. 不妊整体

  4. 不妊治療における代謝について

  5. 不妊と骨盤について

  6. 不妊整体と呼吸