階段の昇り降りで膝が痛い

膝の痛みにも、常に痛みがあったり階段を昇る時だけ、降りる時だけ痛いといくつかタイプがあります。
昇るときには主に太ももの後ろの筋肉(ハムストリングス)、降りるときには前面の筋肉(大腿四頭筋)が使われます。
筋肉の緊張により関節の動きが制限され痛みを引き起こしやすくなります。
また、股関節・足首・骨盤等の歪みが影響し、筋肉や膝関節に思わぬ負担をかけていたり、膝関節自体の歪みが原因で症状が出るケースもあります。
膝は身体の中でも下の方にあり、負担の掛かりやすい箇所です。
特に階段の昇り降りは、膝に体重の5~7倍の負荷がかかると言われています。

膝の痛みで病院に行くと、
「膝の負担を減らすには、体重を減らして下さい!」
と医師に言われることもあります。
実際に、若いころから太っている方は、痩せている方よりも膝痛で悩む人が多いそうです。
半月板や靭帯の損傷等は整体で対応する事が難しい場合もありますが、筋肉の問題や関節の歪みが原因でしたら当院の得意分野になります。
年齢や生活習慣により、筋力の低下も考えられますので、まずは状態を確認する必要があります。

【第31号】2010年11月発行『整体の部屋』より抜粋

関連記事

  1. 腕や手がしびれる

  2. うつ病とセロトニンの関係

  3. 歩行時や走行時に足がもつれるのはなぜ??

  4. 腰を反らすと痛い

  5. 足のむくみやすい方(静脈瘤)

  6. 自律神経のトラブル