どこに行っても良くならない|古河市の整体院【ワイズヘルスサポート】

どこに行っても良くならない

肩こりや腰痛でお悩みの方がどこに行っても良くならず、当院に来院される方が意外と多いです。
そのような方が当院で施術を受けて良くなるケースはもちろんありますが、残念ながら他院と同じ結果になる場合もあります。
その理由は様々ですが、最も多いケースをご紹介します。 タイトルに「どこに行っても~」と書きましたが全ての方に当てはまるので参考にしてください。

・全て他人任せ
例えばいつも姿勢が悪いのが原因で肩こりになる場合、どんなに有効な施術をしても姿勢を直さない限り、高い確率で再発します。
更にストレッチ等の自己ケアもしなければ一時的にしか改善されません。

・本人が本気で良くなろうとしない
タイトル通り、「俺(私)はどこに行ってもよくならないんだ!」とまるで自慢するようにおっしゃる方がいます。
もちろん、治したいからいろんな所に行くのですが「本気」ではないのです。 そのような方は施術を受ける前から施術者を信じていない方がほとんどです。

・職業病の方
毎日のパソコン作業は肩こりや眼精疲労の原因になります。 子供は「ゲームは1日1時間だけ。」と言えますが仕事の場合はそうもいきません。
それならば定期的にストレッチすれば負担は減ります。 会社の理解が必要となりますが、そのほうが作業効率も上がります。

・通院をしない方 当院に来院される方はほとんどの方が慢性的です。 軽い症状が進行して重度の症状で来院される方もいらっしゃいます。
このような症状が1回の整体で完治されるのは稀です。

・施術者との相性が合わない方
“波動”とか“気”という表現もありますが「なんかこの人と一緒にいると疲れる。」という経験は誰にでもあると思います。 例えばA君とB君の2人の整体師がいてA君は技術が良いが相性が悪い。 一方、B君はA君に比べ技術は多少劣るが相性は完璧。 当然、B君の施術のほうが結果は出やすくなります。

他にもまだありますが枠の関係で、続きはまたの機会にご案内します。

関連記事

  1. 運動後(スポーツやトレーニング)のケア

  2. 通院して症状は改善されたが今の状態を維持したい

  3. 梅雨と関節痛

  4. 肋間神経痛

  5. 冷湿布と温湿布ではどちらが良いのか?

  6. その他